院長紹介|京都市左京区で動物病院をお探しの方は、救急や手術を得意としている北山駅近くの京都北山動物病院までご相談ください。

0757446188

【診療時間】9:30~12:30/16:00~19:00
【休診日】日曜・祝日(日曜・祝日は午前中のみ完全予約制)

院長紹介

院長プロフィール

宮本 修治

宮本 修治

Shuji Miyamoto

略歴

2004年 岐阜大学農学部獣医学科獣医外科学講座卒業後、峰動物病院勤務。臨床診療の基礎を修得
2009年 横浜夜間動物病院勤務。国内最前線の夜間動物救急医療に従事
2013年 DVMsどうぶつ医療センター横浜救急診療センター医長就任。動物救急医療現場の陣頭指揮を執る
2015年 京都北山動物病院開業

資格

AOVET Seminar Principles Course 取得

学会発表実績

2013年 関東・東京合同地区獣医師大会 日本小動物獣医学会
「犬の食道内異物閉塞51例における閉塞解除後の内視鏡下食道粘膜損傷度分類と閉塞時間・臨床症状・合併症との相関についての回顧的研究」にて学会発表

2014年 第88回 獣医麻酔外科学会 シンポジウムにて講演
「救急医療体制を考える」「民間施設における救急医療体制とICU管理」を発表

獣医学専門誌執筆経歴

  • J-Vet(interzoo発行)2011年8月号「夜間診療からみる臨床」
  • J-Vet(interzoo発行)2012年10月号「続・夜間診療からみる臨床」
  • J-Vet(interzoo発行)2013年5月号「診断力を磨く!緊急疾患対応シミュレーション第1回」
  • J-Vet(interzoo発行)2013年9月号~2014年3月号連載「診断力を磨く!緊急疾患対応シミュレーション」あとがき「診断までの道しるべ」を執筆

その他 テレビ主演

「スッキリ」「特ダネ」「Nスタ」

多数のメディアから、動物病院の救急医療をテーマに取材を受けております。
犬や猫といった小動物が、ペットではなく「伴侶動物(コンパニオンアニマル)」と呼ばれ、家族の一員と位置づけられる時代となりました。こうして多数のメディアから取材と受けるというのは、飼主様の獣医療への要望が高まってきたことに他なりません。
救える命をひとつでも多くするために、今後もより一層の努力をしてまいります。


ご挨拶

はじめまして 院長の宮本修治と申します。このたび、京都北山の地に動物病院を開業しました。地域に根ざした安心の獣医療を提供できる施設を目指して参ります。
また救急医療に従事してきた経験から、緊急時の対応も数多く手がけてきております。飼い主様の不安なお気持ちも理解しておりますので、診療時間外にもお困りのことがございましたら、ご連絡いただければ可能な限り対応させていただきます。
皆様の大切なご家族の幸せに最大限貢献できるよう努力して参りますので、どうぞよろしくお願いします。

動物健保対応医療機関

CALOOペット

pagetop

pagetop