ワクチン・予防|京都市左京区で動物病院をお探しの方は、救急や手術を得意としている北山駅近くの京都北山動物病院までご相談ください。

0757446188

【診療時間】9:30~12:30/16:00~19:00
【休診日】日曜・祝日(日曜・祝日は午前中のみ完全予約制)

ワクチン・予防

ワクチンと予防の重要性について

ワクチンとは、感染症の予防接種に使うお薬です。ワクチンを接種しておくとその病気への免疫ができるため、万が一病原体が体内に侵入しても病気になりにくくなります。
このように、予防接種は大切なペットを守る役割がありますが、同時にペット間で病気が伝染したり、ペットから人間に病気が感染することを防ぐ役割もあり、社会を守るものでもあります。実際に、狂犬病はワクチン接種が普及したことで日本では見られなくなった病気です。恐ろしい病気を予防するために、必要なワクチンを受けるようにしましょう。

ワクチンについて

予防について

狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチン

狂犬病は狂犬病ウィルスによって起こる感染症で、犬だけではなく人間を含めた全ての哺乳類が感染します。感染すると犬も人間もほぼ100%死亡してしまう非常に恐ろしい病気で、有効な治療法はありません。
幸いにも日本は現在「狂犬病清浄国」となっており、1957年以降狂犬病の感染は発生していません。これは全ての犬で狂犬病のワクチン接種が義務付けられ、撲滅運動が続けられた結果です。世界を見ると「狂犬病清浄国」は数カ国しかなく、再び日本に侵入してくる可能性は決して少なくないのです。流行を未然に防ぐために、必ずワクチン接種を受けましょう。

狂犬病の症状

狂犬病を発症した犬は、周囲に対して非常に敏感になり、目の前にあるもの全てに咬みついて攻撃するようになります。その後、それまでの症状がなくなって全身の麻痺が起こり、最後はこん睡状態に陥って死亡します。
多くは「狂騒型狂犬病」と呼ばれるこのような症状を見せますが、中にははじめから麻痺状態に陥って死に至る「麻痺型狂犬病」もあります。

接種するタイミング

生後3ヶ月を経過した犬は、法律に基づいて狂犬病の予防接種を受けなればいけません。
安全のために混合ワクチンの接種から1ヶ月以上間隔をあけるため、生後5~6ヶ月で初めての狂犬病予防接種を受けるのが一般的です。その後は毎年1回、4~6月の期間中に予防接種を受けて免疫を補強します。

登録済みの成犬

1年に1回予防注射を受けます。4~6月が一般的な予防接種期間となっていますが、当院では1年を通して予防接種を受けることができます。

未登録の成犬

生後3ヶ月を過ぎたらなるべく早く予防接種を受けます。
予防接種と同時に市区町村への登録を行います。
 

狂犬病の予防について

現在は日本での感染は確認されていませんが、犬以外の動物を通じて海外から進入する可能性もあります。
年に1回の予防接種と飼い犬の登録は法律に基づいた飼い主の義務です。必ず受けるようにしましょう。

犬の混合ワクチン

犬の混合ワクチン

犬の予防接種には大きく分けて2種類あります。一つは法律でも義務付けられている狂犬病の予防接種で、もう一つは飼い主様が任意で行う各種感染症の予防接種です。

ワクチンの役割は、病気への抵抗性をあらかじめつけておくことで、万が一その病気に感染したとしても発症しなかったり、症状を弱めたりすることです。生まれたばかりの子犬は、母親の母乳に含まれている抗体によって様々な病気から守られています。しかし、乳離れするころからこの抵抗力は失われ、抵抗力が低下してしまいます。そのため、大切な愛犬を病気から守るためにはワクチン接種が必要になってくるのです。

このような予防接種は愛犬を伝染病から守るということだけではなく、散歩中に触れ合う他の犬や、飼い主様への病気の伝染を防ぐことにもつながります。予防接種で防げる病気の中には命に関わるものもあります。積極的に予防接種を行いましょう。

当院では『6種混合ワクチン』『8種混合ワクチン』『10種混合ワクチン』の取り扱いがあります。分からないことがあれば、当院に何でもご相談ください。
※ワクチン接種をしてもすぐに免疫力が付くわけではありません。ワクチン接種が終わってから1週間は他の犬と接触させたり、屋外で遊ばせたりしないでください。

混合ワクチンで予防できる病気
 病名 症状 対応ワクチン
犬ジステンパー 消化器や呼吸器、目などがウィルスにおかされる病気です。初期症状は下痢や鼻水、目やになどですが、重篤化すると麻痺やけいれんが起こり危険です。
致死率が非常に高く、回復しても神経症状が後遺症として残るおそれがあります。
6種
8種
10種
犬パルボウィルス 感染すると数日のうちに急に元気がなくなり、激しく衰弱して下痢や嘔吐を繰り返します。脱水の悪化で死に至ることもあり、特に子犬では注意が必要です。
ウィルスは非常に丈夫で、消毒薬や日光消毒でも死滅しません。
犬アデノウィルス1型 犬アデノウィルスは種類よって症状が異なります。このうちアデノウィルス1型は肝臓の機能不全を引き起こすため犬伝染性肝炎とも呼ばれています。感染すると元気がなくなり、下痢や嘔吐、肝炎による黄疸が起きたりします。
犬アデノウィルス2型 犬アデノウィルス2型では、肺炎、気管支炎、扁桃炎など風邪に似た症状がでます。
犬パラインフルエンザ ウィルスが感染することで起きる呼吸器系の病気です。人のインフルエンザと同様に感染力が強く、大勢の犬がいる環境で多く発生します。アデノウィルスと同時に感染すると症状が重くなることもあります。
犬コロナウィルス ウィルスによって腸炎を起こします。発熱や、下痢、嘔吐が代表的な症状です。
犬レプトスピラ 細菌によって腎臓や肝臓がおかされ、風邪のような症状を起こします。軽症の場合そのまま治癒しますが重症になると肝機能障害や腎障害を起こし死に至ることもあります。人にも感染し、診断した医師は届け出る義務があります。
原因となる細菌は沼地や池にも存在するので注意が必要です。
8種
10種

猫の混合ワクチン

猫の混合ワクチン

猫の場合、法律で予防接種が義務付けられているわけではありません。しかし、愛猫を病気から守ったり、猫から人への病気の感染を防いだりするには予防接種は非常に大切なことなのです。

ワクチンの役割は、病気への抵抗性をあらかじめつけておくことで、万が一その病気に感染したとしても発症しなかったり、症状を弱めたりすることです。生まれたばかりの子猫は、母親の母乳に含まれている抗体によって様々な病気から守られています。しかし、乳離れするころからこの抵抗力は失われ、抵抗力が低下してしまいます。そこでワクチン接種が必要になってくるのです。大切な子猫が病気にならないための予防ですから、積極的に予防接種を行うことをおすすめします。

当院では『3種混合ワクチン』の取り扱いがあります。予防接種について分からないことがあれば、当院に何でもご相談ください。
※ワクチン接種をしてもすぐに免疫力が付くわけではありません。ワクチン接種が終わってから1週間は他の猫と接触させたりしないでください。

混合ワクチンで予防できる病気
 病名  症状 対応ワクチン
猫ウィルス性鼻気管炎 ウィルスによって風邪の症状が出る病気です。典型的な猫の風邪ですが、重症化すると肺炎などで死に至ることもあります。また、治ってもウィルスを持ち続けて、他の猫への感染源となってしまうことがあります。 3種
猫カリシウィルス感染症 猫ウィルス性耳鼻気管炎と同様に、くしゃみやせきといった風邪の症状が出るほか涙や目やにも出ます。重症化すると肺炎を起こしてしまうこともあります。
猫汎白血球減少症 感染すると急に元気がなくなり、激しく衰弱してしまいます。子猫では非常に致死率が高い恐ろしい病気です。ウィルスは犬パルボウィルスと同様非常に丈夫で、消毒液や日光消毒も効きにくいという特徴があります。

フィラリア

フィラリア

フィラリア症は、蚊が媒介する寄生虫が心臓や肺動脈に寄生して起こる病気です。犬糸状虫が寄生することで血液の流れが悪くなり、心不全のような症状の他、肝臓や腎臓などにもダメージを与えて様々な症状を引き起こします。
犬糸状虫に感染してもしばらくは無症状なことが多く、代表的な症状が現れるようになったときにはすでに重症ということが少なくありません。フィラリア症の治療は薬による駆虫や手術で心臓からフィラリアを取り出すことになりますが、いずれにしても危険が伴うため、感染前に予防することが大切です。

犬糸状虫という名前ですが、猫にも感染することがあります。猫の治療法は確立されておらず、やはり予防が最善の方法です。

フィラリア感染の主な症状
  • 元気がない
  • 散歩の途中で座り込む
  • 突然倒れる
  • 嘔吐
  • 寝てばかりいる
  • 血尿を出す
  • 散歩を嫌がる
  • ふらふらする
  • 食欲不振
  • 重度の貧血
  • お腹に水がたまる
フィラリアの予防法
血液検査 フィラリアに感染した犬の血を吸った蚊に吸血されることで感染します。蚊という非常に身近な虫が媒介するため感染リスクは非常に高く、蚊の発生するシーズンを3回過ごした犬はほぼ確実に感染しているといわれているほどです。
血液検査で感染しているかどうかを確認できます。蚊のシーズンが始まった5月ころに検査することをおすすめします。
毎月1回の投薬 フィラリア症は、きちんとお薬を飲ませることで予防できる病気です。蚊は外の気温が15度以上になると活動を開始し、日本ではだいたい4月~11月ころまでが蚊のシーズンです。蚊が飛び始めてから1ヶ月後~蚊がいなくなってから1ヶ月後くらいまでの間、毎月必ずお薬を飲ませましょう。
投薬の継続 蚊のシーズンの途中やシーズン最後のお薬を忘れると、フィラリアに感染するリスクは高まります。お薬を飲み始める時期と飲み終わる時期は必ず守り、毎月1回必ずお薬を飲ませるようにしましょう。
フィラリア予防のお薬は処方箋が必要です。毎年、飲み始める時期にご来院ください。

ノミ・ダニ

ノミ・ダニ

ノミやダニは最も一般的な寄生虫です。森や林だけではなく、都会の公園や川原など、どこにでも生息しているので、散歩のたびに遭遇する機会はたくさんあります。
予防や駆除をせず、ノミやダニが付いたまま室内に入れてしまうと、動物たちだけではなく人間までいろいろな病気に感染したり、アレルギーに悩まされたりする原因になってしまうことがあります。
普段からノミやダニの予防、駆除を心がけることをおすすめします。

ノミ

ノミは一度寄生するとほとんど体から離れず、1日に50個近い卵を産んで増殖します。ノミが繁殖するには気温13度程度あれば十分なので、冬であっても屋内で増え続けます。
大量のノミに吸血されることで貧血を起こしたり、ノミアレルギーで皮膚炎を起こしたりします。アレルギー症状は人間にも見られます。
目で見えているノミは成虫だけで、全体のわずか5%ほどです。幼虫やさなぎまで根絶するためには、定期的な駆除が欠かせません。

ダニ

ダニには様々な種類がいますが、中でもマダニによる被害が問題になっています。マダニは公園などの草木の先から飛び移り、毛皮にもぐりこんで血を吸います。吸血したマダニは非常に大きくなりますが、無理に引っ張ってはがそうとすると顎だけが食い込んだまま残り、化膿することがあるので注意が必要です。
マダニは多くの病気を媒介し、ときに命に関わることがあります。マダニの寄生を予防することは非常に大切です。

ノミ・ダニに感染する原因

ノミやダニは日本の非常に広い範囲に生息しているため、家の近所を散歩しただけでも簡単に寄生されてしまうことがあります。
ノミは気温が13度以上あれば活発に繁殖できるので、一度家に持ち込んでしまうと室内で繁殖と寄生を繰り返すことができます。ダニは春から秋にかけての行楽シーズンに多く発生し、特に山林や川原の草むらを好みます。どちらも年間を通じた対策が必要です。

ノミ・ダニの予防法
おやつタイプ 月1回、錠剤を飲ませます。
スポット製剤を滴下することにより、皮膚がかゆくなってしまったり、滴下した所を気にしてしまう子におすすめです。
おやつタイプなので、確実な投与が可能です。
スポット製剤 月に1回、動物の首の後ろ(肩甲骨の間)に滴下します。
飲み薬が難しい子でも簡単に投与することができます。

動物健保対応医療機関

CALOOペット

pagetop

pagetop